GUIDELINES / ガイドライン

  1. プラニックヒーリングは、伝統的な医学に置き換わるものではなく、伝統的な医学を補完するものとして意図されています。もし症状が継続したり病気が重篤であったりする場合には、どうか直ちに医師および認定プラニック・ヒーラーに相談して下さい。
  2. プラニック・ヒーラーは、医師ではありませんが、医師がプラニック・ヒーラーであることはあり得ます。
  3. プラニック・ヒーラーは、医学的診断を行ってはいけません。
  4. プラニック・ヒーラーは、薬を処方したり、医学的な処置を行ったりしてはいけません。
  5. プラニック・ヒーラーは、薬の処方や、医学的な処置の妨げになってはいけません。
  6. これらのプラニックヒーリングにおけるガイドラインは、すべてのプラニックヒーリング・センターで公示されなければなりません。







copyright © 2013-2014 MCKSプラニックヒーリングスクール All right reserved.